スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

1年生 親和会合同企画 『ルワンダを学ぶ』

「共に生きる」を合言葉にしている和光中学校。 「ルワンダの虐殺」から30年。 「手足」を失った人でも希望を持って 「一歩」が踏み出せるように、 現地ルワンダで 「義肢・義足」を作成する活動を広めている方をお招きして 「生き方を知る」・「世界を知る」ための学習会を実施しました。   1年生の総合学習「学年企画」で、ルダシングワ真美さんと、ガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさんをお招きし、ルワンダについて学びました。 お二方は、1996年からルワンダに義肢製作所をつくり、障碍者を支援するジャパン・ワンラブ・プロジェクトを設立し、「大虐殺」で失われたものを少しでも取り戻すことに尽力されています。 講演の内容は、なぜルワンダ大虐殺が起こってしまったのか、なぜそれだけの悲劇がありつつもルワンダは存続できたのか等・・・。 人と「共に生きる」ことの大切さを物語るものでした。 そんなお二人の講演に会場は引き込まれていきました。 講演の中で、「ルワンダの人が恐れているのは、悲劇が世界から忘れられること」という言葉がありました。 みなさんは、その言葉をどう受け取ったでしょうか?

最新の投稿

3年生 指導員検定

3年生 技術 麦の脱穀

ジャムセッション研究部 新入生歓迎ライブ

館山総会

3年生 学年集会 秋田について

タチアオイ(立葵)の伸びる頃

1年生 保健 アルコールパッチテスト

私立中学・高校フェスタ2024in成城

第1回ヨルコン申込受付中

1年生 総合「身の回りのワンダーを考える」